ビルメンの一日

ビルメンテナンス・ビルマネジメントの仕事をしている、とあるビル管(ビルメン)による、ブログです。

緊急対応

【京アニ放火殺人事件】甚大な被害になった理由とは

投稿日:2021年6月16日 更新日:

今回は以前大きなニュースとなった、
京都アニメーション放火殺人事件について、

ビルメン目線で事件について考えを纏めてみました。

最後まで読んで頂けたら幸いです。

ビルの消火設備は想定外の火災に弱い

ビルの消防設備は部屋や場所の使用用途で感知器の種類、消火方法を変えています。

一般の部屋ならスプリンクラー等による自動消火(消防用水で消火)
※一定距離に消火器も設置してます。

駐車場なら自動車の燃料漏れ等に想定した泡消火
(流出した燃料が気化しないように泡が覆いかぶさり、窒息消火効果があります。)

厨房フライヤー等は油火災を想定した強化液消火(水だと逆効果の為)

電気室なら水による水損を防ぐ為、
ハロン消火(不燃性のガスを噴射し、燃焼に必要な酸素を遮る事で消火出来る。)

その他消火器・屋内消火栓・屋外消火栓等様々あります。

水系消火設備は逆効果

ガソリンは比重が軽く、水に浮きます。

つまり、火災が起こりスプリンクラーが作動する(爆発で正常に動いていたか不明ですが)
水が撒かれると、その水の上をガソリンが流れる為、延焼します。

さらに表面積が大きくなる事でさらに気化する速度も速くなります。

初期の初期なら、消火器でも効果ありますが、今回の様に一気に燃え広がる事、
黒煙等で使用は無理だと思います。(あくまで初期火災だけ)

撒かれた場所が最悪

1階から3階に繋がっている螺旋階段の1階に撒かれた事、煙突効果も

煙突効果(えんとつこうか、英: stack effect)とは、煙突の中に外気より高温の空気があるときに、高温の空気は低温の空気より密度が低いため煙突内の空気に浮力が生じる結果、煙突下部の空気取り入れ口から外部の冷たい空気を煙突に引き入れながら暖かい空気が上昇する現象をいう。

※Wikipediaより

螺旋階段で吹き抜けになった事で煙突の様な役割を果たし、一気に燃え広がった、更に1Fから3Fに黒煙が一気に流れ充満したのも被害を拡大させた理由だと考えられます。

ビルメンとガソリン・引火性液体について

ガソリンは、4類危険物、第 1 石油類で条例によって取り扱いに規制されています。

ビルメンも資格4点セットの一つ、危険物取扱者(乙4類)や、発電機の燃料は引火性液体です。

扱い方や管理方法を誤ると大惨事を引き起こすので、注意していきたい所です。

最後に

爆発により消防設備が全滅します。

作動しても先程の水系消防設備なので逆効果です。

40ℓもの大量のガソリンが撒かれた時点で消火は諦め、直ちに逃げる事、命を守る事を優先する事が大切だと感じました。
※実際現地で判断するのは難しいし、動けない場合が殆どだと思います。。。

これ以上被害者が出ない事を祈っております。

 

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-緊急対応
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

遠隔監視の弱点と対策3つ紹介【ビルメン】

昔は各ビルに詰めていたビルメンも時代の流れもあり、 一つの詰め所で複数のビルを管理する事になってきております。 今回は遠隔監視の弱点と対策を紹介します。 目次 警報が届かない場合がある対策:警備、協力 …

タバコで発生した被害の実例3件紹介【ビルメン】

今回はタバコで発生した被害の実例を紹介します。 内容によっては事前に対策が可能な案件もありますので、 参考にして頂ければ幸いです。 目次 商品引火でボヤ騒ぎ散水ホースの破損倉庫がヤニだらけになっていた …

コロナ後の緊急対応を想定してみた(その4)【ビルメン】

この記事は【その4】です。 【その3】がまだな方は先に読んで頂けると助かります。 目次 客事案発信機・排煙ボタンを押される対策:事前に把握する汚物クレームの電話が多くなる対策:清掃さん・警備さんと連携 …

火災警報程嫌な警報は無いと思った件【ビルメン】

今回は火災警報について記事にします。 様々な原因から対応方法まで記事にしましたので、 皆様の参考になれば幸いです。 目次 まず初めに火災を検知する設備とは検知した場合の対応対応方法について発報感知器特 …

緊急事態宣言、会社の対応と影響まとめてみた【ビルメン】

新型コロナウイルスによって、 ついに緊急事態宣言が発令されました。 私が勤めている社内でも各業務の対応に追われています。 今回現在出ている対応と影響について記事に纏めました。 目次 定期法定点検の延期 …

スポンサードリンク

スポンサードリンク