ビルメンの一日

ビルメンテナンス・ビルマネジメントの仕事をしている、とあるビル管(ビルメン)による、ブログです。

適応障害

適応障害になりました【経緯・中編】

投稿日:2021年10月20日 更新日:

この記事は「適応障害になりました【経緯・前編】の続きになります。

合わせて読んで頂けると幸いです。

私が適応障害になるまでの【経緯・中編】

前回の続きになります。

4月下旬・上司からのパワハラが始まる

前任者の引き継ぎが終わったタイミングで、
直属の上司のパワハラが始まりました。

具体的には
メンバー全員が見えている共有掲示板上で名指しで仕事のミスを指摘する。
質問をしても質問で返される。(何故そう思うのか?理屈等の内容を細かく質問される)
気軽に仕事の質問や相談が出来ない状況に追い込まれる。

また、強い口調等で怒られる事が多く、精神的なダメージが積み重なっていきます。

5月・適応障害の症状が出始める(腹痛)

初めに起こった適応障害の症状は腹痛(下痢)です。

1時間に一回トイレに籠っていました。
酷い時はお尻を拭きすぎて、
血が出る事も度々ありました。

何故か仕事中ばかり腹痛が酷くなり、
家に帰ったり、休日は緩和されます。

これは適応障害の特徴で、
ストレス源(今回は職場)から離れると、
症状が改善される傾向があります。

しかしこれが私を苦しめる傾向になりました。

何度か病院に行こうか頭を過るものの、
休日や家にいると改善するので、
まだ大丈夫かと病院に行くのを先延ばしにしてしまいました。

6月・心が折れる、上司に相談

思い切って上司に相談しました。

今の仕事量を何とか調整出来ないか、
最悪人事的なテコ入れも検討して欲しい。

しかし上司からとんでもない回答が

「俺も昔は心を痛んだ事があるけど、頑張って何とかなった」
「精神科もいって薬を飲みながら頑張って今がある」
「君と同じ状況だった、そんなもんだ」

職場環境は何も改善されず、
私は何とか仕事をこなせるようになれば、
もっと頑張れば先が見えてくるんじゃないかと思う事にしました。

適応障害の更に先、最悪の状態になる事になるとも知らずに・・・・



続きは次回に

経緯については次で最後になると思います。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-適応障害
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

適応障害で昇進コースから外れたビルメン

今回は適応障害によって昇進コースから外れたビルメンというテーマで記事にします。 昔に比べてうつ病や適応障害についての理解や、 サポートは充実してきていますが、 一度でも潰れてしまった人は昇進が期待でき …

適応障害になりました【復帰準備編・復職出来ない理由】

今回から仕事復帰までの状況について纏めていきたいと思います。 目次 復職したくても出来ない理由復職可能判定に時間がかかる心療内科の「診断書」会社産業医の「面談」異動先の決定待ち最後に 復職したくても出 …

適応障害になりました【産業医・心療内科・精神科受診編・その4】

今回は心療内科の先生に診断してもらい、 書いてもらった診断書の内容について紹介します。 この記事を読めば、 どんな結果になったのか? 最後まで読んで頂けたら幸いです。 目次 診断結果について適応障害は …

適応障害になりました【リモートワークで助かった事・悪かった所】

適応障害の診断を受けてから一か月、 大分以前の状態に戻ってきました。 今回は適応障害とリモートワークについて記事に纏めてみました。 最後まで読んで頂けると幸いです。 目次 リモートワークで助かった所適 …

適応障害になりました【最終回・現場復帰編】

今回は適応障害シリーズの一応最終回です。 慣れない部署での孤立とパワハラ、 心療内科に通い、 気持ちの変化が大きい一年になりました。 今回は異動先までの配属について記事に纏めました。 最後まで読んで頂 …

スポンサードリンク

スポンサードリンク