ビルメンの一日

ビルメンテナンス・ビルマネジメントの仕事をしている、とあるビル管(ビルメン)による、ブログです。

適応障害

復帰後に発覚、会社の黒い部分

投稿日:

適応障害で休職してから、
会社復帰して1ヵ月と少し経過しました。

復帰に向けて関係者の皆様には感謝しておりますが、
一部会社の黒い部分が見えてきましたので、
記事に纏めてみました。

この記事を読めば、
もし会社と戦う時、
何を事前にしておかなければいけないのかが分かります。

最後まで読んで頂けたら幸いです。

パワハラの証拠が消える

復帰して数か月ぶりに社内ネットワークに接続した時、
異変を感じました。

それは、私が営業部門に入った4月から、
適応障害で休職が始まった11月までの、
内容が全て消されていました。

上司から毎日の様に、
部署内で共有しているメッセージ上でパワハラ行為が残っていたのですが、
それが綺麗サッパリ削除されていたのです。

会社と戦う人は証拠を残しておく

今回私の場合は会社を訴えたり、
戦ったりする事はありませんでしたが、
状況によっては会社を訴える人もいてると思います。

証拠は紙や写真でしっかり残しておかないと、
会社にて証拠隠滅される場合がありますので、
注意した方がいいと思いました。

残る後遺症と戦う

復帰したものの、
未だ適応障害の時の症状は残っています。

今後改善して元の生活に戻れるのか、
それとも一生向き合って行かないといけないのか、
まだ分かりません。

就業時間前30分の過緊張

何も起こっていないのに、突然異常な緊張状態になる事があります。

症状が酷い時は24時間発生していたのですが、
今は会社が始まる前、
就業時間の30分前に極度の緊張状態になる事があります。

人混みに弱い

通勤時の満員電車等の人が多い所にいくと、
通常以上に疲れてしまう事があります。

心の健康を維持する為にも、
出来るだけストレスを与えない生活を心がけていきたいと思います。

最後に

如何でしたでしょうか?

今回、復帰後に発覚した、
会社のパワハラ証拠を削除していた事について記事に纏めてみました。

もし会社と戦う人は、
証拠はきっちり残していくべきだと思いました。

この記事が皆様の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-適応障害
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

適応障害になりました【経緯・中編】

この記事は「適応障害になりました【経緯・前編】の続きになります。 合わせて読んで頂けると幸いです。 目次 私が適応障害になるまでの【経緯・中編】4月下旬・上司からのパワハラが始まる5月・適応障害の症状 …

適応障害になりました【復帰準備編・復職出来ない理由】

今回から仕事復帰までの状況について纏めていきたいと思います。 目次 復職したくても出来ない理由復職可能判定に時間がかかる心療内科の「診断書」会社産業医の「面談」異動先の決定待ち最後に 復職したくても出 …

適応障害になりました【最終回・現場復帰編】

今回は適応障害シリーズの一応最終回です。 慣れない部署での孤立とパワハラ、 心療内科に通い、 気持ちの変化が大きい一年になりました。 今回は異動先までの配属について記事に纏めました。 最後まで読んで頂 …

適応障害になりました【産業医・心療内科・精神科受診編・その2】

私が適応障害になった状況を記事に纏めています。 今回は産業医面談についてです、 この記事を読めば産業医面談とは何をしていたのか? 分かります。 最後まで読んで頂けたら幸いです。 目次 産業医面談の効果 …

適応障害で昇進コースから外れたビルメン

今回は適応障害によって昇進コースから外れたビルメンというテーマで記事にします。 昔に比べてうつ病や適応障害についての理解や、 サポートは充実してきていますが、 一度でも潰れてしまった人は昇進が期待でき …

スポンサードリンク

スポンサードリンク